資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

【婚活女子の自己PR】婚活カウンセラー直伝!自分の良さをアピールする方法と自己PR文の書き方

「婚活パーティーやお見合いなど、限られた短い時間で上手に自分をアピールできない。」
「婚活サイトなどでの自己PR文が上手く書けない。」
多くの婚活女性にとって、自己PRは避けて通れないと分かってはいても、苦手に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?
「そもそも、平凡な人間だし、特別男性にアピールできるようなことがない・・・」
「モテを意識しすぎて、本来とは違う自分をアピールしてしまう」
そんな風に悩んでしまっている婚活女性は決して少なくないはずです。

しかし、会話の中で好感を持たれやすい自己PRの方法や、短い文で興味を持ってもらえるような自己PR文のコツなどを押さえておけば、男性に「会ってみたいなぁ」「もっと話したいなぁ」と思わせる自己PRができるようになるんです。
今回は、そんな自己PRのコツについてご紹介します!

 

 

文章で自己PRするコツ

ネット婚活や結婚相談所など、まずは自分のプロフィールシートを作成します。あなたがどういった女性なのかをイメージしてもらい、男性に「ぜひ会ってみたい」と思ってもらえるような書き方を意識してみましょう。

 

誠実な文章を心がけて

出身地や学歴などの記載欄以外の、自己PRや自己紹介など自由に記述できる項目では、その人の人柄や品性が現れます。必要以上に堅苦しい文章である必要はありませんが、誤字脱字に気を付けるのは勿論、馴れ馴れしい言葉使いは避け、真剣な気持ちで婚活に取り組んでいることが伝わるような誠実な文章を心がけましょう。

 

具体的なエピソードで印象付ける

より多くの男性に興味を持ってもらいたいがために、「趣味は読書です。」など簡潔に書きすぎている女性もいます。しかし、これではお相手の印象に残りません。例えば「趣味は読書で、特に推理小説が好きです。一度読み始めると寝る間も惜しんで読んでしまいます。一時期、リアル脱出ゲームにもはまっていました」などといった書き方をすれば、具体的なエピソードで記憶にも残りやすく、あなたの「好きなことには熱中しやすく、好奇心旺盛」という性格もアピールできます。

 

手書きの場合のコツ

婚活パーティーの多くは、当日、その場でプロフィールシートに記入してお相手と交換すること
お相手にしっかりとプロフィールシートを読み込んでもらう時間が無いというデメリットもありますが、手書きならではのメリットもあります。会話のきっかけにしたいポイントはあえて太文字で書いたり、簡単なイラストを描いてみたりと工夫することでお相手の印象にも残りやすくなるのです。
また、字をきれいに書く自信がなくても、丁寧に書くことを心がけるようにしましょう。

会話で自己PRするコツ

会話で自己PRする際にも、相手に好感を抱かれやすいコツというものがあります。

 

表情や服装など、見た目はとても大事

例えば、つまらなさそうな顔で「今日は楽しかったです」と言っても、殆どの人は「あぁ、本当はつまらなかったんだな」と感じてしまいます。それは、人は言葉よりも表情やしぐさなどから感情を読み取ろうとするからで、メラビアンの法則とも呼ばれており、以下のような割合で感情を読み取ろうとするのだそうです。
言語情報:会話の内容 ・・・ 7%
聴覚情報:話す速さや口調、声の大きさ ・・・ 38%
視覚情報:表情やしぐさ、見た目 ・・・ 55%
例えば、いくら言葉で女性らしさをアピールしても、だらしない姿勢や服装であれば女性らしさは感じられませんし、明るい笑顔や優しい口調で「友人からは、いつも楽しそうだねって言われるんです」といえば、説得力も増すということです。

 

自慢や嫌味にならないように注意!

”自己PR=自慢や嫌味”になってはいけません。自分の良さをアピールする際は、「自慢話や嫌味に受け取られないなか?」という点を意識し、ちょっと笑いを誘うような自虐風エピソードや、親しみを感じさせるエピソードを交えるようにしてみましょう。
例えば、「海外旅行が好きです」と言えば、「お金がかかりそう」とネガティブなイメージを持ってしまう人もいます。けれど「東南アジアに旅行に行くのが好きなんです。屋台料理が安くて美味しいし、言葉が通じなくても身振り手振りでコミュニケーションを取るのが楽しいんです。」などといったエピソードを交えて話すと、「海外旅行といってもごく庶民的なものなんだな」と親しみを持たれやすくなります。

 

自己PRポイントの見つけ方

「自己PRのコツは分かったけど、それ以前に自分のアピールポイントなんてどうやって見つけたらいいの?」と疑問に感じる方もいるかと思います。
自分の良さやアピールポイントが分からないという場合は、まずは自己分析から始めてみましょう。自分を分析していくことによって、「なぜ婚活しようと思ったのか」、「どんな結婚生活を送りたいのか」、「自分は相手に何をしてあげられるのか」、「相手に何を求めるのか」などといったことが見えてくるはずです。

もし、「自分自身を客観的に分析するのは難い」とか「自分をアピールするのがどうしても苦手」と感じるなら、一度、結婚相談所のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。カウンセラーの良いところは、客観的な目線であなたの良さを見つけてくれるだけでなく、婚活男性目線でのアドバイスもしてくれる点です。
結婚相談所なら、プロフィールシートの書き方以外にも、会話術や服装など様々な方向からあなたの婚活をサポートしてくれるので、安心して婚活に取り組むことができますよ。

 

 

 

グループ
認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら

scroll to top button