資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

婚活2回目デートは女性から誘うべき!その理由と上手な誘い方

「初デートからもう1週間経ったのに次のお誘いがない・・・」なんて落ち込んでいるあなた。

できれば男性からデートに誘って欲しい・・・というのが女心ですが、待っているだけなんてもったいない!婚活においては自分から行動したほうがずっと有利な場合が多いんですよ。

 

以下のポイントを押さえて、自分から積極的にデートに誘ってみましょう!

 

 

女性からデートに誘ってもいいの?

答えはもちろん「YES」です。

中には「自分から誘うなんて自分を安売りしているみたいで嫌だ」「がっついていると思われたくない」なんて女性もいます。

「自分からは誘わない」というのは、普通の恋愛なら駆け引きの一つとして有効なテクニックかもしれません。ですが、婚活においていえば考え方は逆です。駆け引きをしようとする女性は結婚相手としては敬遠されがちです。

男性側も自分から次のデートに誘っても良いか迷っている場合もありますし、婚活をしている男性の中には真面目でデート慣れしていないタイプもいます。

初デートが楽しかったのなら尚更、次のデートは女性から誘って「あなたに好感を持っています」「もっと話したいです」ということをアピールしましょう。

女性から誘ってくれれば男性も自信がつきますし、「デートに誘ってくれるなんて優しい」「初デートを楽しんでくれたってことかな?」と好印象になりますよ。

 

女性から積極的にデートに誘うことはとても効果的なことなんですよ!

 

 

2回目のデートに誘ってこない男性の心理とは?

2回目のデートに誘ってこない男性の心理は、大まかに以下のように分類されます。

 

他の女性の方が優先度が高い

婚活をしている以上、他の女性とも同時進行でデートしている可能性は大いにあります。マナー違反でもなんでもありません。2回目のデートに誘われないということは、あなたよりも他の女性の方がお付き合いに近い位置にいるのかも。

あなたの行動次第で、あなたの優先順位が上がる可能性は大いにあります。

 

仕事などで忙しい

仕事が激務な人の場合もあります。

この場合も女性から誘ってみて相手にもその気があれば、「すみません、今仕事が忙しくゆっくりデートできそうにありません。○○日頃には落ち着くはずなので、それまで待ってもらえませんか?」

などの返信があるはず。

 

自分からまた誘いたいと思えるほどではなかった

「そこそこ楽しかったけど、付き合うかといわれたら微妙だな~」と思われている場合、女性から誘えば「せっかくお誘いがあったし、もう一回くらいデートしてみよう」という気になるもの。

短時間の初デートだけであなたのことを知ってもらうことは難しいです。もう一度会うことで「この人さりげない気遣いができる人なんだ」なんて新たな一面を知ってもらうこともできるはず。

 

対象外と思っている

残念ながらこの場合は女性から次のデートに誘っても色よい返事をもらえる確率は低いです。

「縁がなかった」ときっぱり気持ちを切り替えたほうが吉。

 

 

上手なデートの誘い方とは?

ではどうやってデートに誘えばよいのでしょうか?

男性がつい「OK」と言ってしまう上手なデートのお誘いポイントをご紹介します。

 

初デート中に誘おう

やはりこれが一番スムーズな方法でしょう。

初デートで会話も盛り上がり、お互いに好感を持っていることが分かるようであれば、デート中に次の約束をしてしまいましょう。面と向かって誘う方が断られる確立も低くなります。

鉄は熱いうちに打て、次のデートはデート中に誘え!ですよ。

 

初デートのあと、その日の内に誘おう

この方法でデートの約束を取り付ける人が一番多いのではないでしょうか。

初デート中に次のデートの約束を取り付けるのとは異なり、作戦を練ってからデートに誘えるというメリットもあります。

デート後にはお礼メールを送り合うことが一般的なので、その会話の流れに乗ってそのまま次の約束を取り付けましょう!

デート中に話題になったことや、今までのメールのやり取りを振り返り、「お互いに盛り上がった話題」や「男性が好きそうなこと」から次のデートプランを提案してみると良いですよ。

 

前回のデートから間が空いてしまった場合

例えば、1ヶ月もデートのお誘いがなかった男性から急に「週末一緒に出かけない?」なんて声がかかったとしても、「なんで今更?」「他の女性と上手くいかなくて私に声をかけてきたのかな?」と思ってしまいますよね。

逆の立場でも同じことが言えます。男性に不信感を持たれずにデートに誘うためには「不自然に感じられない口実」が必要です。

例えば、「(お互いに好きな)アーティストのライブが○○日にあるんですけど、一緒に行きませんか?」など、日にちが限定されているイベントなどは誘いやすい口実になります。

 

男性が興味を持つデートプランを提案する

男性に「これなら楽しい時間を過ごせそうだな」と感じてもらえるデートプランを提案できれば、断られる確率も下がります。男性の食の好みや趣味などをリサーチしておく必要があります。

例えば、理系の男性なら博物館や科学館に誘ってみるのもアリです。色々教えてもらいながら「○○さん物知り~!」と褒めてみれば、あなたの好感度もぐっとあがりますよ。

 

 

まとめ

女性からデートに誘うメリットは、2回目のデートまで漕ぎつける確立が上がるだけではありません。時間を無駄にせず効率よく婚活ができるというメリットもあるんです。

「仕事が忙しくてデートに誘えないだけかも・・・」と自分に言い聞かせながら受身でお誘いを待ち続けるよりも、仮に断られたとしても、「縁がなかったんだな」と気持ちを切り替えた方がストレスも溜まらないものですよ。

「時間を無駄にせずにすんだ」と前向きに考えましょう。

認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら