資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

【要注意!】結婚したいのにできない女性の危険ポイント5つ

「婚活パーティーでは結構人気があるのに、未だに結婚できていない」
「私より後に婚活を始めた友人はもう結婚できたのに、私はまだ独身・・・」

結婚したいという気持ちは強いのに、結婚までたどりつけない女性は多くいます。
では、「結婚できる女性」と「結婚できない女性」との違いは何なのでしょうか?

 

今回は、結婚への意識は高いのに、結婚が遠い女性のタイプをご紹介します。

 

結婚できない女性の特徴5つ

特徴① スペックに拘りすぎる

「親や友人など、周囲に自慢できる相手じゃないと嫌」と考えると「年収は700万円以上で、有名大学卒で、身長は170cm以上で・・・」など、どんどん理想が高くなってしまい、いつまでたっても結婚はできません。

しかもこのタイプの女性は「かなり妥協してこの条件なんですけど」と考えていたりします。

こういった女性に対し、男性の目は大変冷ややか。残念ながら「全然妥協してない!高望みしすぎ!」「現実をちゃんと見たほうがいい」と思われていますよ。

更に婚活が長期化すればするほど「せっかくここまで時間もお金もかけて頑張ってきたんだから、今更妥協なんかできない!」と条件を変えることができなくなってしまうのも、結婚を遠ざけてしまう一因でしょう。

 

特徴② 価値観の違いに気付いていない

金銭感覚や時間の使い方など、価値観は1人1人違って当然なことに気付かず、自分の希望だけを押し付けても結婚はできません。

「結婚したら絶対専業主婦になりたい!毎年海外旅行にも行きたい!」など、男性の収入を考慮せずに自分の希望を押し付けても、「俺の収入だけでそんな生活できるわけない!将来の貯蓄はどうするんだ!」と男性も困惑してしまいます。

他にも趣味を持つ男性に対して「週末はずっと一緒にいてくれなきゃ嫌!」と言って、男性は果たしてあなたと結婚したいと思うでしょうか?

どんなカップルでも大なり小なり価値観の違いはあるものですが、結婚前にお互いの違いをきちんと認識し、話し合うことで解決していくことはできます。

お互いが少しずつ歩み寄り、2人にとって心地よく暮らせる生活のルールを決めていけば、結婚後に「こんなはずじゃなかった」ということにもなりにくいのではないでしょうか。

自分の理想に固執しすぎず、柔軟な考えを持つことが大切です。

 

特徴③ 家庭的なイメージじゃない

共働きの時代とはいえ、やはり家庭的な女性の方が結婚後の生活を想像しやすく、男性に好感を持ってもらいやすいというのは事実。

男性があなたの家に来た時、家の中が片付いていなかったり手料理が壊滅的に不味かったりすると、男性もあなたとの結婚生活を想像しにくく感じるでしょう。

また、言葉遣いが汚いと「ガサツな女性」「家柄が良くないのかな?」「子供の教育をきちんとできるんだろうか?」などと思われ、家庭的なイメージとは結びつきません。

 

特徴④ 結婚できないことを周囲のせいにしている

プライドが高いと、どうしても自分が結婚できないことを周囲のせいにしてしまいがちです。

そのため、自分に何が足りないのか、結婚するためにはどう変わればいいのかを考えなくなってしまいます。こういったタイプの人は結婚だけでなく、仕事や友人関係なども人のせいにしがちなので、男性と会話しているときでも気が付かない内に「誰かの悪口」を言ってしまっていることもしばしば。

これでは結婚は難しいです。

 

特徴⑤ 暗い

男性と一緒にいるのに、笑顔もなく暗い表情でいると「楽しくないのかな?」と不安になりますし、いつも笑顔でいてくれる女性の方が男性も癒しを感じ一緒にいたいと感じるでしょう。初対面の人と会うことは緊張することですし、つい力んでしまうものですが、出来るだけ明るい笑顔を心がけてみてください。

また、婚活が長引いてくると、婚活疲れを感じることもありますので、気付かない内にあなたの素敵な笑顔が隠れてしまっているのかもしれません。美味しいものを食べたり、旅行に行ったりして適度にリフレッシュすることも大切です。

 

 

結婚はギブ&テイクの支え合い

スペックの高い男性の場合、相手の女性にも自分に見合ったスペックを求めるもの。結局、「こんな相手と結婚したい」という自分の希望だけ持っていても、自分が男性に何を与えられるかが分かっていないと、ハイスペックな男性と結婚することは難しいかもしれません。

また、スペックに拘って結婚しても、相性が悪く、信頼関係を築けないという場合もあります。お互いに「一緒にいたい」という気持ちがあってこそ、信頼関係も築いていくことができるものです。

結婚とは元々他人同士だった男女が協力し合いながら暮らしていくこと。楽しいときは2人で笑い合い、困難にあったときはお互いに助け合い支えあえる、そんな相手を見つけたいですね。

 

 

まとめ

結婚したいのにできない女性の中には婚活自体を勘違いしている場合も。婚活とは「自分に合った相手を見つける場」であり、自分だけが一方的に選ぶ立場にいるわけではないのです。

本当に相性の良い相手を見逃してしまうことのないよう、ぜひ色々なタイプの男性と会ってみることをおすすめします。

グループ
認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら

scroll to top button