資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

【結婚カウンセラー直伝】初デートで彼を揺さぶる鉄板7ルール

お見合いが上手くいけば、次はいよいよ初デートになります。

なんとか成功させたい!と意気込むものの「相手の男性に良い印象を持ってもらえるかな?」
「2回目のデートに誘われなかったらどうしよう」と、何かと不安を感じてしまうものですよね。

 

ですが心配は要りません!この鉄板7ルールを押さえておけば、次につながる初デートにできますよ!

 

 

鉄板7ルールを押さえれば間違いない!

服装は清楚系orエレガント系スタイルが鉄則!

やはりデートで人気の服装は、清楚系orエレガント系。ふわっとした生地や優しい色合いのスカート、ワンピースで女性的な柔らかさを演出しましょう。

「普段のファッションと系統が違いすぎて、ちょっと恥ずかしい・・・」と感じる女性もいるでしょうが、男性の多くはスカートやワンピースなどの「分かりやすい」女性的なファッションが好きですし、「自分とのデートにオシャレをしてきてくれた」と分かれば嬉しい気持ちにもなるものです。初デートには、思い切って女性らしい服装で挑みましょう!

逆に控えておきたいのは、高級ブランドのロゴが目立つバッグ。「お金のかかる女」というイメージを持たれかねませんので注意が必要です。

 

男性がコンプレックスに感じている点を褒める

例えば背の高い男性に「背が高くて素敵ですね」と褒めたとしても、実はあまり効果はありません。おそらく今までの人生で何度も同じことを褒められているからです。

むしろ男性がコンプレックスに感じていることを褒めてあげるほうが効果は絶大!口ベタな男性に「○○さんとお話ししてると、とっても落ち着きます」などといった褒め方をすると、「自分との会話で女性が安心感を感じてくれている」と男性も喜びますよ。

 

相手をリサーチして会話のストックを用意しておこう

初デートはお互い緊張してしまって中々会話が盛り上がらない、なんてこともあります。しかし事前に相手のことをリサーチしておくことで、その危険もある程度回避できますよ。

例えば、男性の出身地が分かっていれば「○○に旅行に行ったことがあります」や「今度行ってみたいと思っていて」などをきっかけに、「方言」や「その土地の食べ物」など話を広げられるのでおすすめですよ。

 

男性は案外見ている食事マナー

結婚を前提とした出会いである以上、「育ちの良さ」や「結婚して子供ができたときに、きちんと子育てをしてくれる女性かどうか」という点を見る男性も少なからずいます。

極端に好き嫌いが多かったり食べ方が汚かったりすると、男性も中々「結婚」をイメージできないもの。

また意外と見落としがちなのが食事中の携帯電話。携帯電話はテーブルの上に置かずにバッグに入れておくのが良いですね。

食事中のマナーを守って「品のある女性」と印象づける事が大切です。

 

食事をごちそうになったら次は割り勘or女性が払うつもりで

食事代を女性も出すかどうかは男性側の性格にもよる難しい問題です。「食事代を女性に出させるなんて恥ずかしい」と考える男性がいることも事実です。

とはいえ、会計時にお財布さえ出さないのは問題外!払う意思があることをきちんと見せましょう。
男性が食事代をごちそうしてくれた場合、できれば次回は女性が払うのがベター。

例えば男性側がランチ代を払ってくれた場合、女性側がカフェ代を払えば程よいバランスになるのではないでしょうか。

 

その日の内に必ずお礼メールをしよう

お礼メールは初デートの成否を判断するバロメータにもなります。同じ文面であっても、デートしたその日の内にメールをするかそれ以降にメールするかで、相手の受け取り方は変わる可能性があります。

その日の内にメールが来なければ、多くの男性は「脈ナシ」と捉えてしまうかもしれません。「男性からのメールを待ってからメールしよう」などとは考えず、次のデートに繋げるためにも、お礼メールはその日の内に送りましょう。

また多くの男性は「デートが上手くいったかな」「またデートしてくれるかな」など不安な気持ちでいっぱいになっています。お礼メールでは下手な駆け引きはせず、相手を好ましく思っていることやまた会いたいことを素直に表現しましょう。

 

まとめ

男女共に言えることですが、「恋人にする相手」と「結婚する相手」ではチェックするポイントは変わってきます。

外見の魅力も大切な要素かもしれませんが、それ以上に多くの婚活男性が結婚相手に求めるものは、最低限のマナーや常識があることです。

そして男性は、自分を翻弄するような魅力のある魔性の女ではなく、自分を優しく包みこみサポートしてくれるような女性と結婚したいと思うもの。

その点を踏まえて初デートに挑めば、きっと良い結果がになりますよ。

グループ
認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら

scroll to top button