資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

【意外な盲点・・・!】結婚・婚活がしにくい女性の職業(前編)

男性が結婚したいと思う女性の職業としてよく挙げられる看護師。
「しっかりしてそう」「包容力がありそう」などといったイメージで男性に人気の職業ですが、では看護師の女性は結婚・婚活が上手くいきやすいのでしょうか。
実は、そうとも限りません。実際の看護師の仕事は不規則なシフト制で、女性ばかりの職場なため、結婚につながる自然な出会いも少ないからです。

看護師のように、実は「結婚・婚活がしにくい女性の職業」は他にも存在します。
今回は、結婚・婚活がしにくい女性の職業とは何か、どうすれば結婚・婚活がしやすくなるのかをご紹介します!

 

 

結婚・婚活がしにくい女性の職業① 看護師

冒頭でもご紹介したように、男性から結婚したい女性の職業として常に上位をキープしている看護師。
医者や患者さんとご縁になる看護師も中にはいますが、女性が多い職場で思うような出会いがないまま年齢を重ねてしまうケースも多いのです。また、自分の周りの医者の収入や学歴と比べてしまい、気付かないうちに結婚相手に求める理想も高くなってしまいがちです。
しかし実際のところ、高収入男性の多くは仕事が忙しく家事や育児など家庭のことは奥さんに任せなければ結婚生活を考えられない場合が多いため、不規則な勤務で家庭にだけ集中するわけにもいかない看護師という職業では、マッチングが難しくなってしまいます。
また、多くの看護師は、命を預かる医療現場で日々緊張感にさらされています。そのため、仕事柄「癒し」や「安心感」を求められる看護師ですが、「仕事で疲れきっているのでプライベートまで人のために尽くしたくはない」と考える人が意外に多いのです。
看護師というイメージから「しっかりした女性」「癒してくれる女性」を求める男性と、プライベートではむしろ「癒されたい」「誰かに頼りたい」と願う看護師女性との間でミスマッチが起こってしまうのです。

そんな看護師の中でも、早くから計画的に結婚相談所などで活動を始めた女性は、同じようにシフト制で勤務している男性など、時間に融通が利きやすいお相手を探し、相性の良さなども見極めつつ、しっかりとご縁を掴んでいます。

 

結婚・婚活がしにくい女性の職業② 介護師

シフト制で不規則な部分は看護師と同様ですが、介護師の場合は更にシフトが細かく、勤務交代が4シフトで夜勤が月に4~6回という人もいます。介護業界は現在人手不足なところが多く、こちらもまた激務であり、出会いそのものが厳しいという女性がたくさんいるのです。
介護に従事している女性は、勤務上の時間的制約と仕事上のストレスで、中々精力的に婚活に取り組む気力も湧かない人が多いのですが、婚活市場では決して人気の無い職業ではありません。特に結婚後も共働きを希望する男性にとっては、出産後も復職しやすい介護職は人気があります。

介護師の女性が婚活を成功させるためには、限られた時間の中で効率的に婚活をすること、そして前向きな気持ちで婚活に取り組めるようにモチベーションを高めることが重要です。
結婚相談所を利用すれば、カウンセラーから婚活のアドバイスだけでなく、前向きに婚活に取り組むための心のケアも受けられます。
また、年配者との関わりが多い介護職の女性は、気が付けば自分の身なりにも頓着しなくなってしまっていたなんていう人も多くいます。結婚相談所の婚活セミナーなどに参加して女子力をUPすることもおすすめです。

 

 結婚・婚活がしにくい女性の職業③ 学校教師

学校教師の女性は、同じ職場の男性とは中々ご縁になりません。かといって、どんなカタチでもいいから出会いが欲しい!ともいかないのが学校教師の婚活の難しいところ。
生徒や保護者の目もありますので、気軽に合コンに参加するのもはばかられると感じる人も多いようです。そうなると、人目に付きにくく安心・安全な出会いの場を探す必要が出てくるわけです。
また、中学・高校の教師は部活動の顧問も兼任する場合も多く、平日だけでなく、土日も授業や部活動に追われ、結果婚活を後回しにしてしまう人も多くいます。

学校教師で婚活が上手くいくタイプの女性は、時間がないからこそ効率よく婚活をしなければと、危機感を持って早めに活動を始める人です。結婚相談所であれば、人目に付きにくく安心・安全な出会いを求められますし、短期成婚を目指してカウンセラーがサポートしてくれるため、忙しい学校教師にもピッタリなのです。

【意外な盲点・・・!】結婚・婚活がしにくい女性の職業(後編)に続く

 

 

グループ
認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら

scroll to top button