資料請求無料相談
資料請求 無料相談

News | Topics

【婚活の悩み】婚活相手への上手な断り方

婚活をしていれば、様々な人と出会います。けれど、どれだけ素敵な男性とたくさん出会えたとしても、結婚できるのは一人だけ。あなたからお断りしなければならない場合も出てきます。
「この人との将来はちょっと思い描けない」とか「最初のイメージと違う」、「悪い人ではないんだけど・・・なんとなくしっくりこない」といった理由から、「これはもうあり得ない!」といったものまで、お断りする理由も様々だとは思いますが、それをそのままお相手に伝えてお断りするわけにもいきませんよね。
お相手はあなたに好意を持ってくれているわけですから、「はっきり断るのも悪いかな?」「傷つけてしまわないかな?」と悩むのも当然ですし、断り方を間違えてしまうと”後が怖い”なんて不安もあります。

今回は、そんな婚活相手への上手な断り方のポイントや、断る際のマナーをご紹介します。

 

断るときの4つのポイント

ポイント①相手を否定・非難しない

まず絶対にしてはいけないこと、それはお相手を否定したり非難することです。例えばお相手の言葉使いが乱暴で、それが 理由でお断りしようと思っても 、それをそのまま伝えてはいけません。お相手の心に深い傷跡を残してしまうと 、悪い意味で「忘れられない女」になって 、執拗に付きまとわれてしまうなんて事になったら大変です。
たまに「素直に悪いところを教えてあげた方が相手のためにもなる」と純粋な親切心で断る理由をありのままに伝えてしまう人もいますが、トラブル回避のためにもやめておいた方がよいでしょう。

 

ポイント②謝罪や感謝の気持ちを伝える

自分から断るわけですから、「一方的にお断りするという結果になってしまい申し訳ない」という気持ちを持ってお断りしましょう。そして、今までメールであれデートであれ、お相手があなたのために時間を割いてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えましょう。

 

ポイント③はっきりと断る

お相手を傷つけないために、お相手を褒めたり感謝の気持ちを伝えることは大切ですが、やりすぎるとお断りしていることに気付かれない場合もあります。ポイントは「お断りしたい」や「もう連絡を取るのはやめにしたい」、「他に好きな人ができた」といったフレーズははっきりと書くこと。フォローするところはフォローしても、読み手を混乱させないよう、大事な要点ははっきりと書きましょう。

 

ポイント④なるべく早めに伝える

時間が経てば経つほどあなたへの好意も大きくなっていき、断られた時の傷も大きくなってしまうかもしれません。「この人との将来は考えられないな」と判断したら、なるべく早くお相手にお断りの意思を伝えましょう。
一番失礼なのが、自然消滅を狙ってフェイドアウトしようとすることです。断る側も気持ち的に負担を感じるのは分かりますが、相手も貴重な時間をあなたのために割いてくれているのです。きちんと誠意をもってお断りをするのがマナーですよ。

 

断り方の例文紹介

基本的には相手を褒め、自分が未熟であること、身勝手を許して欲しいといった流れで、最後にお相手に感謝していると締めましょう。

 

例文①

「○○さんはとても紳士的で、私に対してもいつも優しく気遣って下さり、本当にありがたく思っています。けれど、○○さんに会えば会うほど自分の至らなさを痛感し、私では○○さんとは不釣り合いだなと感じました。このまま中途半端に連絡を取り続けるは○○さんに対して失礼だと思います。私のわがままであることは十分承知していますが、お断りをさせて下さい。○○さんには、他に相応しい方がいらっしゃると思います。今までありがとうございました。」

 

例文②

「最近になって気になる方が出来ました。その方と結婚を前提としたお付き合いをしたいと思っています。色々考え、悩みもしましたが、その方と人生を共にできたらと思っています。勿論、○○さんに何か問題があるわけでもないですし、いつも優しい○○さんですから、一緒になったら幸せになれるかもしれないとも考えましたが、この気持ちだけはどうにもなりません。このままでは、○○さんに申し訳が立ちませんので、お断りさせて頂きたいと思います。身勝手なことを言ってすみません。今まで本当にありがとうございました。○○さんがお幸せになられますよう、陰ながら祈っております。」

相手がしつこく交際をせまってくる場合は・・・

付き合う以前に、相手から交際をしつこく誘われてこられたら、本当に困ってしまいますね。
やんわり断っても相手に伝わらない時は、こんな伝え方も有効です。「私は追いかけたい方なので、追いかけられると一気に冷めちゃうんです」、「アプローチを掛けてこない人が逆に気になって追いかけたくなるんですよね~」と、ここまで言えばもう誘ってきません。コツとしては「アプローチをしない人が好きなんだ」とアピールすることです。

 

結婚相談所でトラブル回避!

どうしても、自分から直接相手に断ることが苦手だと思ったら、結婚相談所を活用してみましょう。
結婚相談所であれば、専任スタッフによる丁寧なカウンセリングによって、「どんな男性がタイプか?」「どんな結婚生活が理想か?」などを理解した上で婚活することができるので、「いざ会ってみたら、全然しっくりこなくて、何度もお断りをするはめになってしまった」といった事態が起こりにくいですよ。
また、結婚相談所には、あなたに代わってお相手にお断りをしてくれるサービスや、お付き合いに至るまでは結婚相談所を介してしか連絡が取れないなどのルールがあるため、女性も安心して婚活ができます。

 

まとめ

婚活をしていれば、あなたが断られたり、あなたから断ったりすることは避けて通れないことでもあります。
自分に好意を抱いてくれている相手にお断りをすることは、気が重くなってしまうことかもしれませんが、お相手のためにも誠意を持ってお断りをしましょう。

 

 

 

 

 

グループ
認定団体
自治体掲載先
提携先
協賛
お電話でのお問い合わせ

些細なご質問でもお気軽にお問い合わせください
 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

取材・報道関係の方のお問い合わせはこちら

scroll to top button